赤ちゃんの平均体重と幼児の平均体重

赤ちゃんの平均体重と幼児の平均体重

赤ちゃんの平均体重幼児の平均体重として、1歳〜5歳の赤ちゃんから幼児の平均体重をご紹介します。
赤ちゃんや幼児ではダイエットなどではないのですが、やはり肥満は健康の大敵ですし、色々な病気の原因にもなりますから、赤ちゃんや幼児のお子さんの健康管理のご参考にしてください。
ただ、平成12年11月での満年齢での調査データですから、誕生月により1年近くの差があり、赤ちゃんや幼児では成長にかなり影響しますから、多少の差は気にしなくてよいと思われます。
ここでは男女毎の年齢別で紹介します、まずは女の子からです。
1歳 平均身長78.9cm、平均体重10.1kgで、以下も同じ順序で載せています。
2歳では88.3cmで12.4kgです。
3歳では96.7cmで14.3kgです。
4歳では102.8cmで16.4kgです。
5歳では109.1cmで18.5kgです。

男の子では1歳 平均身長80.8cm、平均体重11.2kgで、以下も同じ順序で載せています。
2歳では90.1cmで13.0kgです。
3歳では96.3cmで14.9kgです。
4歳では103.4cmで16.1kgです。
5歳では110.9cmで19.4kgです。

ここでは赤ちゃんや幼児1歳〜5歳を年齢毎に平均身長と平均体重を紹介しましたが、誕生月により偏差がかなりありますが、極端に体重が重い場合などはダイエットとまでは行かなくても、栄養管理をする必要があるかもしれませんから、お医者さんなどに相談されると良いでしょね。